花写真サニーサイドアップ FUJINARI RYO

~花写真/マクロ花写真のブログ~ Flower Photo Blog Sunny-Side Up  お気に入りの音楽が聞こえてくる気持ちのいい花写真(花の写真) 

2017-11

WB(ホワイトバランス)の調整について

自分の場合、ホワイトバランスは微妙な調整として一番最後に適用することが多いです
もしホワイトバランスがうまく行かないと苦労しているなら、もしかするとディスプレイの色がそもそもズレているかも知れません
前記事を参考に調整をしてみてください ←リンクあり


【まずはRAW現像のおさらい】

では、まずはRAW現像手順をおさらいしてみます。
今回は次の画を使ってみます。

wb00

やや曇り空で、ハイライトを控えめにして撮影しています。
これを現像したものが次の画像です。

wb01

この現像作業は普段使用していないノートPCで作業しているのですが、彩度の再現が悪い(ズレている)ため意図したより彩度が高めに出ています(のであまり気にしませんように)。
さて、どんな調整をしているか、調整順にそのパラメータを見ていきます。

【露出補正】
wb02

【ホワイトバランス】
これは一番最後に作業しますので、ここではパスです。

【ピクチャーコントロール】
wb03
「カメラ互換」と「最新のピクチャーコントロール」が選択できるのですが、ここでは調整がしやすい「最新のピクチャーコントロール」を選択してみました。
どちらで調整しても構いません。
パラメータは図を見てください。

【トーンカーブ】
wb04
あとはトーンカーブだけ調整しました。
ハイライト側は少し持ち上げて、シャドウ側は少し落としてS字になっています。
このへんは好みですね。


【ホワイトバランス】
では、本題のホワイトバランスを調整してみます。
「撮影時の設定」でも特に問題ないと思いますが、「撮影時の設定」とは何でしょうか?

wb05_2

WBをクリックして確認してみると、色温度5236K、色味0.39だと分かります。
これはカメラがそう判断して処理した画像を記録したということですね。
この値を変えれば、調整が可能です。
青の方ならクールに、赤の方なら温かくなります。
この「撮影時の設定」をわざと「曇天」に変えてみます。

wb06_2

「曇天」に変えると、色温度は6000Kに、色味は0.00に変わりました。
色温度の数値が赤の方に変わったので、全体的に赤く(夕焼けのように)なりました。
ちょっと変な感じがしますね。
この「曇天」の中でも、スライダで調整が可能です。
少し変えてみます。

wb07_2

少し青の方に戻して、5429Kのところにしてみました。
少し変わったのがわかるでしょうか。

さて、自分なら撮影時の設定で良いかなぁと思います。


wb08

ホワイトバランスで選べるプリセットはたくさんありますね。
でも、実際にはあまり変えることはありません。
「撮影時の設定」か「自動調整」か「オート(カメラで異なる)」くらいでしょうか。
後は微調整(スライダ)だけで調整可能なことがほとんどです。


【最後に】
ホワイトバランスに惑わされてはいけません。
曇りの日だったから「曇天」とすると、画が壊れてしまうことが多いと感じています。
基本は「撮影時の設定」で良いと考えておきましょう。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 







プロフィール

FUJINARI RYO

Author:FUJINARI RYO
Twitter @FUJINARI_RYO

ランキング投票

気に入ってくれたらクリックお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
ランキングに参加しています

リンク ホームページ

FUJINARI RYOのホームページ

FUJINARI RYOのホームページへ

リンク Flight171

スナップのブログ

Flight171へ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

花写真 (623)
僕だけが今知っている (20)
展示のお知らせ (5)
過去の写真まとめ (0)
未分類 (10)
RAW現像のビギナー講座 (5)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

このブログのフォト

☆☆☆☆☆☆☆